食品ロス対策に期待!注目の通販アプリ「レット」とは?

インタビュー

参加者

  • 金麗雄(キン・リョウン)様株式会社レット 執行役員

    「レット」は、在庫ロスが生じた生産者やメーカーと、お得に商品を買いたい消費者ニーズとを結びつけるネット通販アプリです。
    金(キン)様は、この通販アプリ会社で執行役員を務めておられます。

新型コロナウイルスの影響で大量の食品/在庫ロスが生じた生産者やメーカーと、お得に商品を買いたい消費者(ユーザー)や、食品/在庫ロスなどで困っている生産者を助けたいと思っている消費者(ユーザー)ニーズとを結びつけるネット通販アプリ「レット」。

レット」は30代~40代の女性ユーザーが多く、現在では350万人が利用しています。
また、スマートフォンアプリで簡単に出店ができることから、店舗数もすでに10,000店舗に達しています。

今回は、そんな「レット」を運営している株式会社レットの執行役員である金(キン)様にお話を伺いました。

食品ロスを解決できるアプリ「レット」

本日はお時間をいただきありがとうございます。

早速ですが、最近は「在宅ワーク」や「家飲み」という言葉をよく聞くようになり、家で食事をする機会が増えた人が多いですよね。また、コロナの影響もあり、レットの利用者数が増えていると伺っています。

 

まずは、そんなレットの特徴について教えてください。

レットの特徴は、廃棄せざるを得ない食品や在庫などで余っている商品について、生産者さんや卸業者から直接買うことができるという点です。
ここ2年は特に、コロナ禍で社会的にも食品ロスに注目が集まってきて、ますます利用者が増えているところです。

 

もともとはIT企業なので、システム構築も10人以上で対応し、お客様のニーズにあった形でアップデートをおこない、ユーザーや出店者の方に対して使いやすさや口コミが広がる仕組みづくりをおこなっています。
出品するのも簡単で、ネットがあまり得意ではない事業者の方でも簡単に操作することができます。

 

また、お客様の生の声や「こうやって料理したよ~」とレシピを紹介する動画などもアップされるので、出品する側(生産者)と購入する側(お客様)の距離が近いことは、生産者さんにも喜ばれています。

産地直送の商品をお得に購入

どんな出店者さんの商品が人気ですか?

最近の成功事例としては、毎月「ベスト出品者」を発表しているのですが、5月度は愛知県の「魚専門店 魚彦」になります。

→「魚専門店 魚彦」紹介ページはこちらをご覧ください。

 

レットでは、愛媛の柑橘類を販売する会社や毎朝その日に採れた魚を販売する会社など、普通では知り合えないような生産者さんや卸業者さんから産地直送の食品が届くので、こうした商品は特にお客様にも大変喜ばれています。

■出店者インタビュー「食肉センターから直送 フードロスにも貢献
■出店者インタビュー「お茶のまち静岡から 創業70年の老舗の味をお届け

楽天やAmaonで食品を買うとの何が違う?

楽天やAmazonなどでも食品は買うことができますが、そのようなサイトとの違いは何でしょうか?

レットは、楽天やAmazonのようにサイトから始まったものではなく、最初からスマホのアプリで構築しているので、使いやすさや双方向のコミュニケーションができやすいようなプラットホームにしています。

 

口コミ機能やお得な情報を掲載するだけではなくて、生産者さんが 食品ロスになりそうなものをセット売りして「共感」した方に買ってもらうという、「応援」する仕組みも提供しています。

 

この「応援購入」という仕組みは、困っている出店者さんを助けつつ、消費者の方もお得に購入することができます。

 

また、生産者さんはお金の報酬だけでなく、口コミを通して、直接消費者の方とつながることができて、モチベーションにもつながっているようです。

このような双方向コミュニケーション機能を充実させているのが、他のサイトとの違いになります。

食品ロスを減らし消費者も生産者も喜ぶ双方向システム開発

レットの今後の展望や目標などはありますでしょうか?

やはり直近では、食品ロスを減らし貢献するようなシステム開発、ツールの提供をおこなっていきたいです。当社では、出品者数を増やすための営業活動を行っておらず、口コミで登録者数が増えていっている感じです。

地方にいくとおいしい食品がたくさんあるので、アプリをより使いやすくすることで出品者を増やしていきたいですね。

 

他のフリマアプリは、個人間での売買が主流ですが、レットでは小さな企業や個人事業主といったバラエティに富んだ会社も出店でき、差別化ができていると考えています。

今後も消費者(ユーザー)さんのニーズと生産者、メーカーの困りごとを解決できるように仕組みを改善し、結果的に食品ロス削減に貢献できればと思います。

一消費者として、生産者さんのお顔や思いなどを知らずにスーパーで購入してきました。

ですが、レットのアプリを使うことで、生産者さんから直接食品を買うことができ、また、お得に購入しながら食品ロス削減にも貢献できることがわかり、私自身も積極的に使っていきたいと思いました。

 

本日はありがとうございました。

「レット」はスマホアプリで食品ロスの問題を解決できる素晴らしい仕組みだと思いました。

形が少し悪いものや賞味期限が近いものなど、まだ美味しくいただけるものも、日本ではその規格によって店頭に並ぶことは難しいものが多いです。これは良い面でもありますが、悪い面でもありますね。

農林水産省のデータによると、人口1人当たりの食品廃棄物発生量(kg)では、日本は韓国や中国よりも多く、アジア主要国の中でワースト1位といえます。

この機会に私も楽しく美味しく食品ロス削減を考えたいと思います。

☞おすすめフードシェアリングアプリを紹介!

【エコな買い物!】フードロスを解決できる「フードシェアリング」

☞農業+太陽光発電、農家さんではこんな取組みも!

【6年目を迎えるソーラーシェアリング】失敗を避けるコツと目指す“持続可能な農業”とは?

 お問い合わせ

関連記事

お問い合わせ

運営会社

太陽光発電の設計・施工で20年以上の実績。最近では再エネ率の高い電気と蓄電池を併せた提案も好評です。環境にいいこと・持続可能な地球・100年後の子供たちのために様々なソリューションで再エネ普及をしています。

詳しく見る