最大80万円の補助金がうけられるEV補助金(ニチコンV2Hも)について

ニチコンV2H(EVパワー・ステーション)

V2H(Vehicle to Homeの略)とは【車から家へ、家から車へ】という意味です。
太陽光発電システムで発電した電力を電気自動車へ充電することが可能です。

ニチコンV2H(EVパワー・ステーション)

サービス概要

V2Hとは

V2H(Vehicle to Homeの略)とは【車から家へ、家から車へ】という意味です。

太陽光発電システムで発電した電力を電気自動車へ充電することが可能です。また、電気自動車を蓄電池の代わりとして使用することもでき、災害時や夜間帯に電気自動車から家庭内に電気を供給することで、「災害対策」や「電気料金の削減」にも繋がります。

※リーフ40kWhモデルの場合、一般のご家庭電力で約3日分の使用が可能です。 →コラム「EV・PHEVで車と蓄電池の役割が賄える!V2Hで快適な暮らし」

V2Hとは

サービスのポイント

  • 01ニチコンV2H(EVパワー・ステーション)の特徴

    世界初のV2H システムを開発したニチコンが、専門メーカーの技術を結集して開発した、低価格で高品質なV2Hシステムです!

    【4つの機能】 1)系統連系でスムーズ、運転2)太陽光発電でつくった電力でエコドライブ、3)倍速充電機能でスピーディーな充電、4)室内からスマートフォンでらくらく操作

    サイズ:W 809 × H 855 × D 337mm(突起物除く)とコンパクトです。

    ニチコンV2H(EVパワー・ステーション)の特徴
  • 02ニチコンV2H(EVパワー・ステーション)対応車種

    ニチコンV2Hの対応車種は、日産・三菱・トヨタ・本田等の下記の表の通りです。(2021年1月現在)

    ■日産自動車株式会社

    日産EVカー

    ※1 対応車種の中でも車両側のプログラムを変更する必要がある車両があります。車両のプログラム変更に関しては、車両販売店へお問い合わせください。
    ※2 日産自動車株式会社の放電非対応EVは本システムを使用できません。放電非対応EVに充電した場合、充電が正常に動作せず、車両にコーションが残る可能性があります。
    ※3 総電力量はEVパワー・ステーション接続時の実使用可能容量とは異なります。
    ※4 車両充電上限値近くまで使用可能です。
    ※5 日産自動車株式会社のEV とEVパワー・ステーションの充放電コネクタを接続した状態で「EV-IT」機能は使用しないでください。EVおよび本システムの機能が正常に動作しません。

    三菱自動車工業株式会社
    三菱EVカー

    ※1 対応車種の中でも車両側のプログラムを変更する必要がある車両があります。車両のプログラム変更に関しては、車両販売店へお問い合わせください。
    ※2 放電に対応していない車種は、本システムの放電機能を使用できません。
    ※3 総電力量はEVパワー・ステーション接続時の実使用可能容量とは異なります。

    ※4 ①急速充電口が付いていない車両では、V2Hによる充電・放電はできません。 ②駆動用バッテリーの容量維持のため、できる限り2週間に1回程度は普通充電で満充電してください。 ③MiEVリモート、もしくは三菱リモートコントロールのうち「タイマー充電」と「プレ空調」はご使用になることができません。

    ※5 「アウトランダーPHEV」は、エンジンがかかった状態もしくはイグニッションONの状態ではEVパワー・ステーションによる充電・放電はできません。
    ※6 「i-MiEV」の10年式は車体番号が「HA3W-00」で始まる車両です。
    ※7 「アウトランダーPHEV」の13年式は車体番号が「GG2W-00」で始まる車両です。
    ※8 「アウトランダーPHEV」の19年式は車体番号が「GG3W」で始まる車両です。
    ※9 使用環境により、95%を下回る場合があります。

    トヨタ自動車株式会社
    トヨタEVカー

    ★1 CHAdeMO放電対応車種以外は、EVパワー・ステーションをご使用になれません。 2019年5月に実施した改良による「乗車定員5名の車両」が対象です。急速充電インレット(外部給電機能[V2H]付)はオプション装備です。詳しくは、自動車販売店にご確認ください。「プリウスPHV」は、エンジンがかかった状態ではEVパワー・ステーションによる充電・放電はできません。
    ★2 総電力量はEVパワー・ステーション接続時の実使用可能容量とは異なります。
    ★3 EVパワー・ステーションは、車両の蓄電池残量が10% に達すると、自動的に車両との通信を遮断し、車両側の消費電力を抑制します。
    ★4 燃料電池自動車「MIRAI」では、停電時のみEVパワー・ステーションをご使用になれます。停電時以外は、ご使用になれません。
    【ご注意事項】上記の内容は、2019年9月現在の内容です。

    本田技研工業株式会社
    ホンダEVカー

    ニチコンV2H(EVパワー・ステーション)対応車種

こんな方に使われています

  • 補助金を活用してV2Hを導入したい

    最大80万円の補助金が受けられます

    環境省では、令和2年度第3次補正予算に、電気自動車・燃料電池自動車等の普及拡大を、「再エネ100%電力」、「充放電設備/外部給電器」の導入とセットで支援していく補助金が盛り込まれました。
    この環境省の補助事業では、家庭や事業所等において「再エネ100%電力を調達」すること等を要件として、「電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車」を購入する、個人、民間事業者(中小企業)及び地方公共団体等に補助が行われます。
    以前から同じような補助金はあり、これまでは最大で40万円の補助が受けられましたが、2020年12月18日に発表された今回の内容は、最大で80万円の補助を受けることができます。

    https://sustainable-switch.jp/evdenkiplan-210303/

     

    また、似た補助業業は経済産業省からも公表されています。こちらは補助要件として、「外部給電器/V2H充放電設備」を同時に購入することが必須となっています。
    2021年5月31日で一度受付を締め切りましたが、まだ予算額に達していなかったため、2021年7月1日から再受付が開始しています。

    https://www.meti.go.jp/press/2020/12/20201222006/20201222006.html

  • 太陽光発電の卒FITで売電単価が下がった

    V2HとEVカーで太陽光発電の電気を無駄なく家で使えるようになった

    V2Hを導入された相模原市の塚原さんは、「2019年にFIT期間が終わり、余剰電力をプレミアム金額で買ってもらえなくなり、今まで余剰電力を48円で買取してもらっていたものが、いきなり8.5円でしか購入してくれなくなりました。

    売電してもほとんど収入にならないので、リーフへの充電とリーフから家への放電により余剰電力を有効に使うことができると考えました。

    太陽光発電が発電していて余剰している場合は、リーフに貯めて、朝や夜などに使用し、発電した電気を余すことなく使い、自然エネルギーを100%自家消費し、電力会社から極力電気を買わない生活をしたいと思います。」とV2Hを導入したきっかけについて話してくださいました。

製品に関してもっと詳しく知りたい方は、製品のホームページをご覧ください。

当サービスや横浜環境デザインへのお問い合わせは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ

運営会社

太陽光発電の設計・施工で20年以上の実績。最近では再エネ率の高い電気と蓄電池を併せた提案も好評です。環境にいいこと・持続可能な地球・100年後の子供たちのために様々なソリューションで再エネ普及をしています。

詳しく見る