「太陽光発電+蓄電池」セット導入の利点とは?後付けはアリ?

皆さん、こんにちは。

今回は、太陽光発電システムや蓄電池の販売営業をしている私から、最近特に相談の多い「太陽光発電+蓄電池」のセットでの導入について、注目が高まっている背景や検討のポイントをお話させていただこうと思います。

また、太陽光発電設備を設置済みのお客様から、後付けで家庭用蓄電池の設置を相談されるケースも増えています。後付けするのはアリなのかどうか?その注意点などについてもご説明します。

「太陽光発電+蓄電池」セットで導入するメリットは?

太陽光発電設備と蓄電池の両方を導入することのメリットは、“発電した電気を無駄なく使うことができるようになる”点がやはり大きいです。

太陽光発電と蓄電池をセットで導入することで、日中に太陽光で発電して余った電気をためて、夜間に使うことができます。そうすることで電力会社から買う電気を削減できるので、結果的に電気代の削減が叶います。
また、特に災害対策として、停電が発生してもいつも通りの生活を送ることができるという、他に変えられない「価値」を蓄電池に求められる方も多いように感じます。

では、このメリットに対する需要が高まっている理由について、その背景を追ってみましょう。

まず前提として、住宅用太陽光発電は、2009年に始まった固定価格買取制度(FIT)を機に設置件数が急増しました。その理由は、この買取制度により「売電=収入」を得ることができるので、投資商品としてイメージができ上がり、高額で購入しても元がとれるという認知度が高まったためでした。

しかし、ここ10年で世の中も大きく変わり、近年では電気代の高騰や自然災害の頻発が目に付くようになりました。
特に電気代の高騰は、テレワークや在宅勤務の増加でお家での電気使用量が増えてしまい、「高いな」と感じている方も多いかと思います。最近では、「再エネ賦課金単価」の値上げもあり、いやでも電気代が上がっていってます。
☞電気代高騰の理由と仕組みについては、こちらもご覧ください。

また電気代が上がる!?年々上がる再エネ賦課金の正体とは?

また、先ほど出てきたFIT制度の買取価格も、今では2009年時より半額以下の単価となってしまい、これからFITを契約するには、売電で得られる収入にあまり魅力がなくなってきているのが現状です。

こうした背景を受けて、これまでの「太陽光発電で売電をして収入を得る」という考え方から、近頃では「売電はせずに、発電した電気を無駄なく使いたい」という考え方に変わってきている方が多いのだと思います。

「太陽光発電+蓄電池」セットで導入するデメリットは?

セットで導入することのデメリットは、やはり初期購入費用が増えるということです。

しかし、この問題に対しては、エコローンなどを使用して毎月の支払いで購入するということも可能です。太陽光発電が再生可能エネルギーだからこそ受けられる仕組みですね。
こういう形でも導入を検討できるというのはご存じでしたでしょうか?

また、導入のタイミングを考えるとき、ついつい「もう少し待てばもっと良いものが出てくるのでは?」なんて思いますよね。
蓄電池では、近年リチウムイオン電池が主流ですが、最近のニュースでは「全固体電池」というワードもよく耳にします。

少し話が逸れますが、この「全固体電池」は何かといいますと、”電解液を必要としない”電池です。
現在大きく普及しているリチウムイオン電池などは、電流を発生させるために必要となる「電解質」というものが液体状となっています。
しかし近年、固体でも電気を流す物質が発見されたことで、「電解質」を固体にした全固体電池の開発が進んでいるという状況です。

では、固体になると何が良いかというと、一番は“液漏れ”を心配する必要がなくなることです。

実はこの液体電解質、そのほとんどが危険な物質でできています。そのため、従来の電池はこの液体が漏れることを防ぐために丈夫な容器やハコに入れる必要がありました。
しかし、固体電解質になると丈夫な容器は不要となります。なので、より形態が自由になるなどさまざまなことが期待されています。

中でも、コスト面に大きなメリットが期待できるのではないかと言われています。なので、この全固体電池が実用化され、一般消費者の方が手軽に購入できるまでになれば、いま買うのはデメリットなのかもしれません。

ただし、現状はまだいつ一般向けに実用化されるのか、それまでの間にいつまた大きな災害が起こり停電するかもわかりません。
そう考えると、メリット、デメリットをどう自分で捉えて決断するのかが重要かもしれません。

☞気になる蓄電池の選び方についてのポイントはコチラの記事へ!

【検討中の方向け】家庭用蓄電池の容量・機能・価格について

既設の太陽光発電に蓄電池を後付けってアリ?

太陽光発電と蓄電池ですが、近年ではZEH(ゼロエネルギーハウス)という言葉が広がってきて、新築でも設置ありきで普及が進んでいますが、世の中の多くはリフォームで設置しているお客様の方が圧倒的に多いです。

なので、既に太陽光発電設備が設置されているご家庭でも、後から蓄電池を導入することは可能です。
もちろん、既存の太陽光発電設備側の機器との互換性など、確認し検討する部分はありますが、しっかり施工会社に相談して決めていければ問題ありません。

さて、ここでポイントなのが、施工会社選びです。

太陽光発電設備や蓄電池は、メーカーが施工会社商材を卸して、施工会社がお客様とのご契約をして進めていきます。特に、太陽光発電設備に関しては屋根に設置するので、施工の多くは屋根に穴をあけての施工になります。

太陽光発電設備は10年20年と長く使用していく商品であり、残念な施工会社を選んでしまうと、この施工が雨漏りに繋がったり、メンテナンスを依頼しようと思った時には施工会社が倒産してしまっていて、保証もなくどうすれば良いかわからないという内容で、お問い合わせをいただくことも多々あります。
ですので、施工会社選びはしっかりと吟味した上で決めることをおすすめします。

以上、いかがでしたか?

当社は、22年の施工実績とノウハウを持つ、太陽光業界ではいわゆる老舗を呼ばれる会社です。
これから太陽光発電設備や蓄電池の導入を考えている方は、ぜひ一度ご相談ください。
最適な形でのご提案をさせていただきます。

 お問い合わせ

☞太陽光発電設備の屋根への設置方法について詳しく知りたい方はコチラ!

わかりやすく解説!太陽光発電で失敗しないために:屋根と工法の関係を知ろう

☞さまざまある家庭用蓄電池の比較方法を解説!詳しくはコチラ

【検討中の方向け】家庭用蓄電池の容量・機能・価格について

関連記事

お問い合わせ

運営会社

太陽光発電の設計・施工で20年以上の実績。最近では再エネ率の高い電気と蓄電池を併せた提案も好評です。環境にいいこと・持続可能な地球・100年後の子供たちのために様々なソリューションで再エネ普及をしています。

詳しく見る