【SAVE&EAT】オーガニックごはん きせきの食卓様(22年1月26日取材)

インタビュー

きせきの食卓

参加者

  • きせきの食卓_内野様

    内野 様きせきの食卓 オーナー

    手間と愛情がたくさん込められたオーガニック料理を提供する「きせきの食卓」を経営。
    オーガニックへのこだわりや、サステナブルな取組みなどについて詳しく伺いました。

  • すずきインタビュアー

    「ヨコハマのでんき」を広めるべく日々奮闘しています。食べることと音楽が好き。

こんにちは、鈴木です。

突然ですが皆さま、「健康」には気を使っていますでしょうか?私は、まだまだです。
運動しないとなあと思い、ジムの体験に行った去年の8月が最後の運動かもしれません。

食事は最近、管理栄養士監修の弁当に替えましたが、まだまだやるべきことはあるなと感じます。

さて今回は、そんな方のソリューションになるかもしれないお店のご紹介です。
神奈川県内のサステナブルに取り組むお店へのインタビュー第6弾!
横浜市中区の元町・中華街駅から徒歩3分、きせきの食卓」さまにお話を伺いました。

手間と愛情をかけて、身体への配慮を徹底したお料理を提供されています。そのこだわりが見えるインタビュー、ぜひご覧ください。

「きせきの食卓」コンセプトと特徴

この度は、インタビューにお時間をいただき誠にありがとうございます。

最初にお店のコンセプト、特徴などを簡単にご紹介いただけますでしょうか?

もともとは、ヨガスタジオからスタートした会社になります。

このお店は、カフェにヨガスタジオが併設されており、コンセプトのひとつとして、ヨガによる運動後にお食事を楽しんでいただきたいという想いがあります。

 

ヨガによる「運動」と併せて、「食」による健康も取り入れたいと考え、飲食店も併設しました。

運動と食事の両面から健康を考えていただき、そのようなことに興味がある人達が集まる場所になればいいなと思っています。

きせきの食卓_ヨガスタジオ

(広々としたヨガスペース。体験レッスンもあるので気になる方はぜひ! (ヨガスタジオHP http://motomachiyoga2016.com/))

運動と食の両面から、健康を提供するということですね。運動後のおいしい料理は、より一層おいしく感じそうですね!

では、「きせきの食卓」という店名の由来について教えていただけますでしょうか?

「きせき」はひらがなで、ミラクルを意味する奇跡とかけている意味もありますが、当店のHPなどの紹介では「僖積」という字を使っています。

この僖積という字には「人」という文字が入っており、人が人の喜びを積むという意味を込めています。

オーガニックへのこだわりと8つの約束

「僖」という字はとても良い字ですね。お店のコンセプトにもぴったりだと思います。

お店で出されるお料理へのこだわりや、材料へのこだわりはありますでしょうか?

オーガニックな材料を中心としてお料理を提供させていただいていますが、その他にもお店の約束として次の8つを掲げています。

きせきの食卓_8つの約束

正直手間はかかりますが、丁寧さを追求することに重きをおいています。例えば、お味噌汁ひとつにしても、野菜の出汁を取ることから始めています。

 

食材については、自然栽培の農薬・肥料を使っていない、環境負荷が小さい物を使用するようにしています。もし、どうしても品揃えで必要だけど無農薬のものが手に入らない場合は、有機肥料のものを優先して使うようにしています。

また、基本的に肥料を使っていないので、皮まで安心して食べることができます。食材で使えるところは使い切って、栄養も最大限落とさないようにしています。

きせきの食卓_食材

お客さまの身体への気遣いを第一に考えられているのだな、と言うことがひしひしと伝わってきます!

実際に、このお店やヨガスタジオに通われているお客さまの感想などを教えていただけますでしょうか?

それぞれの良さがお客さまから聞こえてきます。

例えば、2日に1回程度ご来店するお客さまでは、コレステロール値が改善したというお声をいただいたこともございます。

もちろん、食事だけではなく他の要因もあるとは思いますが、それでもそういうお声をいただけることは非常に有り難いです。

 

その他にも、ヨガの良さとしては「からだ」や「こころ」の健康を整えることができたり、美容にもいい効果があったりします。

私自身、お客さまと接することが好きなので、「ありがとうございます」と言ってもらえることが大変嬉しいです!

「きせきの食卓」おすすめしたいメニュー

それではおすすめのメニューを教えてください!

全部おすすめです!(笑)

野菜の味を引き出す調理法で料理をしているので、ぜひ味わっていただきたいです。

 

基本的に、お食事メニューは3種類用意しています。

どんな食の好みの方であってもお召し上がりになれるように、「動物性不使用のもの」「お魚メインのもの」「お肉メインのもの」の中からお料理を選んでいただくことができます。

食材の良さを生かした調理法によって、毎週メニューの内容が変わるので、ぜひ楽しんでください!

 

その他にも、オーガニックなカフェメニューもご用意しています。

コーヒーについては木陰栽培のものを使用しています。これは、闇雲に森林伐採をせずに、森林の中で栽培された環境にやさしいコーヒーです。

とても美味しいのでこちらもおすすめです!

きせきの食卓_ランチイメージ

どんな方でも美味しいお食事を、好みに合わせて楽しめるようになっているのですね。今日のメニューでは、私はお魚メインのものが食べたいです…。

あと、個人的に気になるのですが、サッカー選手のユニフォームやサインが店内に飾ってありますね!

実は、中区に本拠地を置く、サッカークラブYSCCヨコハマのオフィシャルパートナーをさせていただいています!

YSCCヨコハマは、元サッカー日本代表の松井大輔選手が加入されたチームです。そのチームの選手たちにご来店いただいたくこともあります。

 

その他にもサッカー日本代表選手をはじめ、J1所属の選手や、テレビ朝日「激レアさんを連れてきた。」でも紹介されたJリーグ最年長初出場記録を持ち、現格闘家の安彦選手にもご来店いただいたことがあります。

アスリートのように身体をケアする必要がある方々にも、当店のお食事を召し上がっていただいています。

身体作りやケアを考え、「8つの約束」を徹底されている「きせきの食卓」様のお料理は、しっかり栄養が取れて安心できることから、アスリートにも認められたお店ということですね!

コロナ禍の影響と対策

話は変わりますが、コロナ禍での影響があれば教えていただけますでしょうか?

時短営業の時もあり、やはり夜の時間帯は寂しいこともあります。大人数での予約は減りました。ヨガスタジオのクラスも減らしています。

ただ、こういう時期だからこそ、「健康を意識し、免疫力を高めたい」というお客さまにご来店いただくこともございます。そのようなお手伝いができればと考えています。

また、当店は窓が大きくて、換気環境がとても良いです。席もゆとりをもって設置しているので、安心してご来店いただけるかと思います。

きせきの食卓_店内

確かに、窓も大きいので日差しも入って、とても居心地が良いですね。

SDGsやサステナブルへの取組み

次に、SDGsやサステナブルな取組みを意識されたきっかけや、実際にSDGsやサステナブルに関連して取り組まれていることを教えてください。

きっかけというより、もともと健康や環境への配慮は私自身考えていたことでした。環境配慮は原則だと考えており、自然体でおこなっていかなくてはと考えています。

そのため、お店でおこなっているさまざまなことが、そのまま取組みになっています。元町で展開する「元町SDGs」にも参加しています。

きせきの食卓_インタビューの様子

その他、SDGsに関連する取組みとしては、クラウドファンディングをおこないました。アレルギーのお子さま向けに、無料でお食事を提供するという内容です。

この取組みは、どんな食材を使っているかを完全に共有できている当店であるからこそできるものだと思います。

多くの方にご支援いただいたのですが、コロナ禍によってまだ提供ができていません。コロナ禍が開けたら、すぐにお料理を提供したいと思います。

2050年カーボンニュートラルへ向けて

SDGsの先に2050年カーボンニュートラル(脱炭素)という目標がありますが、それに向けたお考えや取組みはございますか?

お持ち帰り用のお弁当容器を、植物由来(コーンスターチや竹素材)のものに変更しました。

コストは多少上がるのですが、それでも取り入れました。一つひとつ、できることからやっていくことが大切だと思います。

お弁当(野菜グリル)

最後にPRがあればどうぞ!

当店のようなお店が長く続けられることこそが、結果的にSDGsにつながるのではと考えています。

手間と愛情をかけて、自慢のお料理をつくっていますので、もし身体や環境にいいことをひとつしようと思ったら、ぜひランチを召し上がっていただければと思います!

きせきの食卓_食事メニュー

あとがき

お忙しいところ、インタビューにお時間をいただき誠にありがとうございました!

手間と時間をかけて丁寧につくられたお料理は、アスリートの方にも認められるほど身体への配慮が最大限にされたお料理でした。また、無農薬無肥料の食材を重視し、環境に配慮することを当たり前とする姿勢も素晴らしいです。
内野さまの言う通り、食事をするだけで身体と環境にいいことができる「きせきの食卓」は、サステナブルの代名詞とも言えるのではないかと思います。

ちなみにご紹介があった安彦選手は、先日プロ格闘家として「RISE」でデビューし勝利されました!選手の努力と体調管理、そして「きせきの食卓」さまのお料理でのサポートがあってのものですね!

お店には、スクリーンやプロジェクターの用意もあり、イベントに使用されることもあるようです。また、キッズスペースもあるため、お子さま連れの方々も安心してお食事を楽しむことができます。
ぜひ皆さまも、おいしいお食事とヨガを楽しんでみてはいかがでしょうか?

きせきの食卓
〒231-0861 横浜市中区元町二丁目93番 ZALETTA元町Ⅰ 3F045-264-9678
HP:http://www.kisekicafe.com/

きせきの食卓セレオ八王子店
〒192-0083 東京都八王子市旭町1-1 セレオ八王子北館9F
HP:https://www.kisekicafe8.com/

☞ヴィーガン料理でからだに良い食事!

【SAVE&EAT】ヴィーガンレストラン 2bananeira.様(22年1月27日取材)

☞再エネ由来の電気を選ぶ[FMヨコハマ]

「ヨコハマのでんき」お客様の声【横浜エフエム放送様】

ヨコハマのでんき

☞ヨコハマのでんきHPはコチラ!

 お問い合わせ

関連記事

お問い合わせ

運営会社

太陽光発電の設計・施工で20年以上の実績。最近では再エネ率の高い電気と蓄電池を併せた提案も好評です。環境にいいこと・持続可能な地球・100年後の子供たちのために様々なソリューションで再エネ普及をしています。

詳しく見る