停電対策に!太陽光発電+家庭用蓄電池テスラのある生活(運用編)

家庭用蓄電池テスラパワーウォール生活を始めて3ヶ月

2020年10月にテスラパワーウォールを設置して、早いもので蓄電池生活も3ヶ月経ちました。
テスラパワーウォールは、専用のアプリで簡単に蓄電池の残容量や放電時間の設定変更を行うことができます。

なので、この3ヶ月色々と試してみました。

充電時間を変えてみたり
蓄電池の残量設定を変更してみたり

そこで今回は、どういった設定が自分のライフスタイルに合うのか、試した結果を書かせてもらおうと思います。

太陽光発電分を賢く使う!夜間料金の安い電気料金プランへの変更

私の自宅には太陽光パネルが3.9kW付いており、FITの買取期間は残り5年ほどあります。
そのため、テスラパワーウォールを設置することでダブル発電(FIT価格が下がる)になりました。

せっかくダブル発電になったので、
日中は、
太陽光発電・・・売電メイン
テスラパワーウォール・・・放電メイン
買電・・・テスラパワーウォールからの電気で足りない時
という形にしました。

ですので、テスラパワーウォールへの充電は夜間となります。

そのため、電気の料金プランを従来の従量電灯Bから、ヨコハマのでんきの「夜安プラン」に変更しました。

 

夜安プラン詳細

昼間は蓄電池からの電気を使い、夜間充電すると下の写真のような使い方になりました。

テスラアプリの設定は、
ピーク(放電):9時~1時
オフピーク(蓄電):1時~9時
という形にして、ナイトタイムの電気で充電できるようにしました。

なぜオフピークをナイトタイムの1時~5時にしないかといいますと、我が家は朝6時~8時電気使用量が多いからです
オフピークを1時~5時に設定してしまうと、電気使用量の多い6時~8時の時間帯も蓄電池からの電気を多く使ってしまい、お昼には残量設定値の35%に達してしまうからです。

なので、お昼の使用電力は蓄電池からの電気で賄って、太陽光の売電量を最大限増やすために、オフピークを9時までに設定してみました。

太陽光発電の売電量とテスラパワーウォールへの充電結果

電気料金プランを変更したのが11月からですので、電気明細的には12月からの2ヶ月分になります。
短いですが、今までの使用量や売電量を参考までに表にまとめてみました。

テスラパワーウォールを設置したあと、2019年と比較して大きく使用量が増えているかというとそういう傾向もなく、1月はコロナ禍で外出することも少なく家にいることが多かった点が使用量増加の原因になっているのではないかと思われます。

まだ数ヶ月と短い期間でのまとめですので、また半年後、1年後と長期的な結果については書かせていただこうと思います。

このように、テスラパワーウォールでは専用のアプリを使って、蓄電池の稼働の仕方を細かく設定することができます。
付けたらそのまま放置、ではなく各々のライフスタイルに合わせて自分でカスタマイズでき、よりよい生活の形を作っていけるアイテムになります。

今回はあくまで私の一例なので、ぜひ色々試してみて下さい。

専用アプリ「Tesla」の詳しい使い方や工事関連の詳しい話を知りたい方は、次のような記事も合わせてご覧になってみてくださいね。

【家庭用蓄電池】テスラPowerwall専用アプリ「Tesla」の使い方

「テスラパワーウォール(Powerwall)」お客様の声【川村様】

また、テスラパワーウォールに関する詳しい内容や、テスラパワーウォールに関するお問い合わせは当社のHPよりどうぞ。
☞横浜環境デザインHP「テスラパワーウォール」ページはこちら

 お問い合わせ

☞カスタマイズから半年!驚きの削減結果とは…?詳しくはコチラ!

【電気使用量公開!】太陽光発電+テスラ蓄電池のある生活を始めて8ヶ月

関連記事

お問い合わせ

運営会社

太陽光発電の設計・施工で20年以上の実績。最近では再エネ率の高い電気と蓄電池を併せた提案も好評です。環境にいいこと・持続可能な地球・100年後の子供たちのために様々なソリューションで再エネ普及をしています。

詳しく見る