停電対策にもなる大容量ポータブル蓄電池がきた!「DELTA Pro」 【マンションでも】

停電時に活躍ポータブル蓄電池

2022年9月23日夜から24日朝にかけて静岡県を襲った台風15号により、静岡市では山崩れが発生し中部電力の送電鉄塔2基が倒れました。その影響で、最大で10市町の約12万戸が6時間近く停電しました。

当社は家庭用蓄電池の販売施工も数多く対応させていただいているのですが、住宅向けの蓄電池は設置した基礎の上に蓄電池を固定する工事が多いです。そのため、今まではマンションや賃貸住宅の方にお問い合わせをいただいても、定置型の家庭用蓄電池をご提案することはできませんでした。

そこで今回は、マンションにも置くことができるEcoFlow Technology(エコフローテクノロジー)社の大容量ポータブル蓄電池「DELTA Pro」をご紹介したいと思います。

これまでお住まいの条件で蓄電池の導入を諦めていた方や、本格的な蓄電池は価格が高くて断念していた方はぜひご覧ください。

EcoFlowとは?ポータブル蓄電池の特徴

EcoFlow Technology社(以下「EcoFlow」)は、もともとドローンの開発者だった4名のエンジニアが集まって2016年に設立した会社で、ポータブル蓄電池、ポータブルクーラー、パワーシステム、ポータブルソーラーなどの開発と販売をおこなっているクリーンエネルギーの最先端企業です。

2019年からは日本市場に参入し、クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake(マクアケ)」にて先行販売を開始しました。

結果、Makuakeに掲載されたプロジェクトの中でその年の最高額、5億1千万円以上の売上を記録しました。現在では、世界100か国以上で販売され、時価総額1000億円超えのユニコーン企業になりました。

☞詳しくは:EcoFlow(エコフロー)公式サイト

EcoFlow製ポータブル蓄電池の特徴

特徴①:業界最速クラスの充電速度
0%から80%までの充電が最速50分、フル充電でも80分で完了

特徴②:高出力な機器にも電源供給できる
ポータブル蓄電池市場において、最も多くの電化製品に電源供給

特徴③:拡張可能な電源
用途に合わせた容量選択が可能

RIVER, RIVER Pro, RIVER Plus, DELTA Max, DELTA Proでは、別売りのエクストラバッテリーを追加することができ、容量を倍にすることも可能

☞詳しくは:EcoFlowポータブル電源の詳細

停電にも強い!2台連結でエアコンも稼働可能

「停電が起こると一番困ることは?」

2022年3月に電力需給ひっ迫警報が発令されたことを受け、4月に実施された日本トレンドサーチの節電に関するアンケート調査では、停電に関する以下のような設問もありました。

日本トレンドリサーチ_「節電に関するアンケート」

(出典:日本トレンドリサーチ「節電に関するアンケート」)

「停電で最も困ること」に関するアンケート調査では、とにかく電気が使えないと困るという回答が多い結果になりました。また、中でも冷蔵庫や冷房が使えないことへの懸念が強いようです。

エアコンのような冷暖房機は時期を問わず必要不可欠と言えるでしょう。特に、猛暑・寒冷に弱い小さな子どもやお年寄りの方と住まわれているご家庭、あるいはペットを飼っているご家庭では、エアコンが使えないとさまざまなリスクが高まります。

そうしたリスクを考えたとき、EcoFlow製の「DELTA Pro」なら、ポータブル蓄電池では大容量の3.6kWhもの電力量を蓄電することが可能な点は大きなメリットとなります。
さらに、2台連結することでエアコンも稼働させることができるので、停電時も安心です。

大容量&自動バックアップで停電対策としての性能がバツグン


ポータブル蓄電池「DELTA Pro」は、容量3.6kWh・定格出力3,000W!これは例えば、停電時でもドライヤーと電子レンジを同時に稼働させても余るほどの容量と出力があります。

そして、このポータブル蓄電池の魅力は、蓄電池同士を連結することができる点にあります。

例えば、「DELTA Pro」を2台導入し、ダブルボンテージハブ(オプション品)で接続することで、定格出力は倍の6,000Wとなります。そうすると、起動時に出力3,000Wを超える200Vの家庭用エアコンも安定的に稼働させることが可能となります。

また、これだけの出力があればエアコンだけでなく、エコキュートなどのその他ほぼ全ての家電製品を稼働させることも難しくはないでしょう。
※製品とメーカーによって対応できない場合もあります。

「スマートホームパネル」で自動バックアップ

EcoFlowの「スマートホームパネル」という製品を分電盤に接続することで、停電時にも「DELTA Pro」から住宅内に電気を供給することが可能です。つまり、急に停電しても数秒で電力をバックアップすることができるというわけですね。

また接続している負荷を監視し制御することができるので、エネルギーの効率化や省エネ化することも可能となります。

(「スマートホームパネル」で系統からの電気とDELTA Proの充放電の制御ができる)

※ここまでのまとめと注意
・200Vのエアコンを稼働させたい場合は、「DELTA Pro」が2台必要となります。
・災害時に自動でバックアップ電源として立ち上げるには、ポータブル蓄電池「DELTA Pro」と「スマートホームパネル」の両方が必要です。
・またスマートホームパネルの設置は工事を伴うので、賃貸物件の場合は導入が難しい可能性があります。ご検討の方はオーナー様へ一度ご確認ください。

見える化・ソーラーパネルとの連携も

スマホアプリで見える化!簡単に制御コントロール

専用のスマートフォン向けアプリでは、ポータブル蓄電池「DELTA Pro」への電力の入力や出力、接続された機器の状態をリアルタイムで視覚的に確認できます。

また、ポータブル蓄電池を制御、監視することも可能です。ソファーの上でくつろいでいる時や、キャンプ場でキャンプを楽しんでいる時にも、場所を問わずチェックできます。

ご自宅に太陽光発電設備を設置しているご家庭なら、アプリで発電量を確認したり、AC コンセントをオフにしてバッテリーを節約したり、充電速度を上げたりすることもできるので便利です。

ソーラーパネルで創った電気を「DELTA Pro」に蓄電

「DELTA Pro」と400Wのソーラーパネルを組み合わせ使うことも可能です。
太陽光で発電した電気をポータブル蓄電池に貯めて、必要な家電を動かすことができます。

☞詳しくは:EcoFlowソーラーパネルの詳細

家電製品 消費電力
エアコン 45W~2000W
アイロン 1200W~1400W
ドライヤー 600W~1200W
IH調理器 3000W
電子レンジ 1300W
オーブントースター 1200W~1350W
炊飯器 350W~1200W
冷蔵庫 150W~500W

DELTA Proへのお問合せ

EcoFlow公式サイト:https://jp.ecoflow.com/
お問い合わせ先:https://jp.ecoflow.com/pages/contactus

――――🌞――――🌞――――🌞――――

いかがでしたでしょうか?
「家庭用蓄電池ほどの規模のモノは高いし、場所にも困る」という方には、こうしたポータブル蓄電池であれば導入しやすいのではないかと思います。

また、家庭用蓄電池と違って、持ち運びできる点も実は大きなメリットです。キャンプや週末のおでかけなど、家から離れるときにも活用できるのでアクティブなご家庭にもおすすめです。

気になった方は、ぜひお問い合わせください。

☞今なら狭小住宅で太陽光が設置できる?

屋根面積が小さい・影がある住宅でも!太陽光発電の発電量を増やせる方法とは?

☞戸建ての方には家庭用蓄電池「テスラパワーウォール」

【価格や費用感も紹介!】太陽光発電+テスラ蓄電池のある生活を始めて8ヶ月[電気使用量公開]

 お問い合わせ

関連記事

お問い合わせ

運営会社

太陽光発電の設計・施工で20年以上の実績。最近では再エネ率の高い電気と蓄電池を併せた提案も好評です。環境にいいこと・持続可能な地球・100年後の子供たちのために様々なソリューションで再エネ普及をしています。

詳しく見る