テレビの電気代はいくらかかっている?計算方法・節電方法をご紹介

テレビ 節電 電気代

近年、電気代が高くなっていることから、少しでも節電したいと考えている方が増えてきています。

その中でも、テレビを毎日視聴しているご家庭の場合、年間でどのくらいの電力を使用しているか、金額としていくらくらいに換算されるのかは把握しておかないと心配ですよね。

そこで今回は、テレビの使用にかかる電気代について、計算方法や節約方法をお教えします。特に、テレビが好きで毎日見ているという方やお子さんがいるご家庭は、最後ぜひ一度ご覧ください。

テレビの使用にかかる電気代はいくら?

ではさっそく、テレビの使用にかかる電気代を計算する方法をご紹介していきます。これは、テレビの消費電力と使用する時間で求めることができます。

ただ、電気代は契約している電気会社の電気料金プランによって異なるので、正確な金額を計算したい場合は、ご自身の契約している電気料金プランを計算式に当てはめて計算してみてください。

テレビの使用にかかる電気代の計算方法

電気代は契約している電気料金プランによって異なるため、ここでは公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会が制定している電気料金の目安単価「31円/kWh(税込)」で計算します。

消費電力が100Wの液晶テレビ(50V型)を1日3時間視聴した場合、かかる電気代は下記の通りです。

(100W÷1,000)× 3時間 × 31円 = 9.3円

同様に、一年間の電気代は、【テレビの年間消費電力量×1kWhあたりの電力料金】で計算することができます。例えば、テレビの使用にかかる年間の消費電力量が150kWhだった場合、下記の通りとなります。

150kWh/年間 × 31円/kWh = 4,650円

テレビの種類別の消費電力目安

テレビの種類は大きく分けて以下の3種類に分類されます。

液晶テレビ
有機ELテレビ
プラズマテレビ

プラズマテレビは、液晶テレビが一般的になる前に販売されていたテレビですが、現在日本国内での販売は終了しています。

一般的に液晶テレビや有機ELテレビよりも消費電力が大きいとされているため、お家にプラズマテレビがあるという方は、液晶テレビや有機ELに買い換えると電気代を下げられる可能性が高いです。

テレビの消費電力は種類や大きさ、解像度によってさまざまなので、現在使用しているテレビまたは購入しようと思っているテレビの消費電力を確認することが重要です。

液晶テレビの消費電力量と電気代

まず初めに、液晶テレビの消費電力量と電気代について、資源エネルギー庁で公表しているテレビの省エネ性能をもとに解説していきます。

近年の家庭用テレビで主流になってきている4Kの55インチの液晶テレビだと、年間の消費電力量の平均値は199円、年間の電気代目安は5,362円となっています。大きさと解像度別の年間の消費電力量と電気代目安は、以下の通りです。

年間消費電力量の平均値(kWh/年) 年間の電気代目安の平均値(円)
2K未満・30インチ未満 42 1,142
2K未満・30インチ以上 64 1,733
2K・50インチ未満 72 1,941
2K・50インチ以上 142 3,846
4K・50インチ未満 140 3,789
4K・50インチ以上 199 5,362
8K 513 13,850

(参考:「省エネ性能カタログ2023」資源エネルギー庁)

これらのデータを踏まえると、画素数が多く、画面サイズが大きいものほど、消費電力は多くなる傾向があるとわかります。

有機ELテレビの消費電力と電気代

液晶テレビよりも薄型の有機ELテレビの4Kの場合、年間の消費電力量の平均値は223円、年間の電気代目安は6,030円となっています。また、解像度別の年間の消費電力量と電気代目安は、以下の通りです。

年間消費電力量の平均値(kWh/年) 年間の電気代目安の平均値(円)
有機ELテレビ 4K 223 6,030
有機ELテレビ 8K 651 17,600

(参考:「省エネ性能カタログ2023」資源エネルギー庁)

テレビにかかる電気代を節約する方法

テレビの使用にかかる電気代がどれほどかイメージが湧いてきたところで、次は節電方法をみていきましょう。

さまざまな方法を複数同時に実践することで、より多くの節電効果が期待できます。簡単にできることも多いので、ぜひ実践してみてくださいね。

テレビの画面の明るさを調整する

テレビの消費電力は、明るくするほど大きくなります。見えにくくならない程度に明るさを落とすことで、電気代を節約することができるでしょう。

また、部屋の明るさに合わせて画面の明度を自動で調整してくれる機能を搭載したテレビもあります。このような「明るさ自動調節機能」を搭載したテレビに買い替えることも節電に有効です。

定期的に掃除をしてほこりを取る

テレビの画面にほこりが付くと、映像が暗くなったり、見えにくくなることがあります。かといって、見えにくさを解決するために画面を明るくすると、電気代がかかってしまいます。

そのため、定期的に掃除を行い、画面についたほこりや汚れを取りましょう。マイクロファイバークロスやクリーニングクロスを使い、拭き取るだけでも効果が期待できます。

ただし、ティッシュペーパーやアルコールを使用して掃除すると、テレビ画面を傷める可能性があるので、注意してください。

音量を大きくしすぎない

テレビの音量がを適切な音量に設定することで、消費電力量を抑えることができます。

しかし、多くのスピーカーを搭載しているテレビの場合でも、年間で500円程度の節約にしかならないため、気にしすぎる必要はなく、聴きやすい音量に設定していただければ大丈夫です。

テレビの電源をつけっぱなしにしない

テレビを視聴しないときは電源を切ることで、1時間当たり0.6円~6.8円の電気代を節約することができます。4Kや8Kのテレビの場合、電源のついている時間を1日1時間短くすることで、年間で1,000円以上節約することが可能です。

また、テレビの主電源が付いていると、テレビを視聴していなくても一定の電力を消費しているので、長く使わない場合は主電源を切っておくことで、消費電力を抑えることが可能です。

部屋の広さに合った大きさのテレビを選ぶ

使う部屋の広さに合ったサイズのテレビを選ぶことも、節電する上で意識しておくとよいでしょう。狭い室内に大画面のテレビを置くと画面全体が見えづらく、電気代も余分にかかってしまいます。

テレビのサイズが小さいほど、それだけ消費電力量も下がるので、部屋の大きさにあわせて、適切なサイズのテレビを選んでください。

省エネ性能が高いテレビに買い換える

現在使っているテレビが古い場合、最新型のテレビに買い替えることで節電効果が期待できます。
テレビは年々省エネが進んでおり、数年前ならトップクラスの節電効果が期待できる性能でも、今の時代では平均的といったケースもあります。

省エネに関する性能を統一省エネラベルで確認し、目安となる電気料金や年間消費電力量、省エネ性能に注目して「省エネ性能が高く、電気料金や電力量が少ない商品」を選ぶことをおすすめします。

また、法律で定められた省エネ基準を達成したテレビは「e」のマークが緑色(未達成の場合はオレンジ)になっているので、このマークを基準にしてもいいでしょう。

統一省エネラベル等

(出典:「統一省エネラベルが変わりました」資源エネルギー庁)

太陽光発電で電気代を節約しよう

テレビの電気代は、種類や画面の大きさ、解像度によって異なることがわかりました。
また、視聴時間によっても変わりますので、毎日長時間テレビを見る家では、テレビ代を含め電気代全体の見直しが必要です。

この記事を読んでいる人の多くが電力会社から電気を購入していると思いますが、電気を自家発電して使用する方法もあります。特に今、一般家庭で注目されているのが太陽光発電システムです。

東京都では、2025年4月から太陽光発電設置義務化に関する新たな制度が始まります。電気代を節約し賢く電気を使うためにも、この機会に太陽光発電システムの導入について、ぜひ一度考えてみてはいかがでしょうか。

テスラPowerwall_LP用

☞Powerwallをもっと詳しく!

☞東京都の太陽光義務化を詳しく!

東京都の新築住宅等に「太陽光パネル設置義務化(2025年4月~)」条例の概要解説

☞電気代は上がる一方…?電気料金をチェック

2024年度の再エネ賦課金は再び値上がり!【これまでの単価推移と負担増の影響】

 お問い合わせ

関連記事

お問い合わせ

運営会社

詳しく見る