【解説】卒FITとは?卒FIT後、余った電気はどうなるの?

「卒FIT」って一体なに?順を追って詳しく解説!

ご自宅に太陽光発電設備がある方は「卒FIT」を迎える方も多いのではないでしょうか?これから「卒FIT」を迎える方や、すでに「卒FIT」を迎えている方は一体何をしたらいいのでしょうか?

「卒FIT」の前に、まずは「FIT」について簡単に解説していきます。

卒FITの「FIT」とはなにか?

「FIT(フィット:Feed-in Tariffの略称)」とは、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」のことで、太陽光などの再生可能エネルギーの普及を目的に制定されました。

どうして再生可能エネルギー(再エネ)を普及させる必要があるのかと言うと、

・日本のエネルギー自給率の向上のため
・再エネは発電時にCО₂をほとんど排出しないので、地球温暖化対策に貢献できるため
→カーボンニュートラル実現にも繋がる

日本のエネルギー自給率については経済産業省の資料によると、日本のエネルギー自給率は2010年時には20.3%あったものが2014年には6.4%まで下がり、2018年には11.8%まで回復しましたが、それでも他国と比べると低水準となっていることがわかります。

経済産業省資源エネルギー庁「エネルギー2020」

(出典:経済産業省資源エネルギー庁 「日本のエネルギー2020」)

「FIT制度」が具体的にどういった制度かというと、太陽光などの再生可能エネルギーで発電した電気を、地域の電力会社(例:東京電力など)が一定期間、一定価格で買い取ることを国が保証する制度です。

「一定価格」は年度によって異なりますが、火力や原子力などで発電した電気よりも高く設定されています。これはなぜかというと、再エネを普及させるために、再エネ発電事業に取り組む企業が増えることや、住宅に太陽光発電設備を設置する人が増えて欲しいからです。

ちなみに電気を使用するすべての人が電力会社へ電気料金の一部として「再生可能エネルギー発電促進賦課金(通称:再エネ賦課金)」を支払っているため、実は国民全体で再エネ普及に取り組んでいるのです。
関連記事はこちら☞また電気代が上がる!?年々上がる再エネ賦課金の正体とは?

FITを卒業する=「卒FIT」

住宅用太陽光発電に対するFIT制度では、太陽光が発電して家庭で使いきれなかった余剰電力を10年間一定価格で電力会社(東京電力など)が買い取っています。
この制度は2009年11月よりスタートしたため、10年後の2019年11月から順次、買取期間満了を迎えているご家庭が出てきています。このことを、通称「卒FIT」と呼びます。

 FIT開始当初であれば、1kWhあたり48円という高額な固定価格で買い取ってもらっているご家庭もあると思いますが、期間満了後には売電価格や条件が変わってしまいます。

この点が「卒FIT」最大の問題点なのです!それでは、どうしたらいいのでしょうか?

次からは、これから「卒FIT」を迎える方、すでに「卒FIT」を迎えた方へ向けて、できることを解説していきます。

「卒FIT」対策にできる太陽光発電の活用方法は3つ!

最初に、いつ「卒FIT」を迎えるかを確認しましょう。

通常買取期間満了の約6~4カ月前になると、電力会社から個別に通知が届きます。通知が届く前に確認したい場合は、電力会社と締結した契約書や電気料金明細などに具体的な買取開始時期が書いてある場合があるので、そちらを確認してみましょう。

次に下記3つの中から、メリット・デメリットを確認して希望するものを選びましょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

①蓄電池を購入する

 FIT期間中は買取をしてもらい収入になっていた余剰電力を、蓄電池に貯めて自家消費するという考え方です。
晴天時に蓄電池に貯めた電気を自分たちの生活で使うことができるので、電力会社から購入する電気の量が減り、電気料金の削減に繋がります。同時に、災害時の非常用電源にもなるので安心です。
蓄電池を購入する際に初期費用はかかりますが、太陽光で発電した電気で暮らすことができるので、再生可能エネルギーを有効活用していると言えるでしょう。

当社では、性能が優れており、製品本体価格も99万円(税抜)と安価な家庭用蓄電池「テスラPowerwall(パワーウォール)」をおすすめしています。実際に導入されたお客さまのインタビュー記事や動画もありますので、ぜひご覧ください。

【「卒FIT」対策で家庭用蓄電池を購入された方へインタビューした記事はこちら】
家庭用蓄電池「テスラパワーウォ―ル(Powerwall)」設置者様の声【幸田様】
家庭用蓄電池「テスラパワーウォ―ル(Powerwall)」設置者の声【宮本様】

➁売電先を選ぶ

「卒FIT」を迎えるともうFIT制度の適用外となってしまうので、引き続き売電をしたい場合は買取先を探す必要があります。しかし、売電単価は基本的に下がってしまうでしょう。例えば、東京電力だと1kWhあたり8.5円にまで下がってしまいます。

そこで、売電先を別の電力会社に変更するという方法があります。電力会社ごとに売電価格やサービスが異なるのでしっかりと比較し検討することが必要ですが、今よりも高額で買い取ってもらえる可能性もあります。
電力会社によっては、購入電力契約の加入が必須の会社や、蓄電池の購入が条件で高額買取をおこなっている会社もあります。

当社でも、家庭用蓄電池テスラPowerwall(パワーウォール)を購入された方に限り、ご契約開始から1年間1kWhあたり25円で買取らせていただくサービスをおこなっております。
1kWhあたり25円は、各電力会社の買取価格と比べるとかなり高額です!ただし、買電契約をヨコハマのでんき【夜安プラン】に切り替えていただく必要があります。詳しくは、下画像をクリックし、詳細ページをご確認ください。

☞詳しくは画像をクリックして詳細ページへ!

③何もしない

蓄電池の購入も、売電先の変更もおこなわない場合、原則として現在ご契約されている電力会社との契約が自動更新されます。
余剰電力が安価、もしくは無償で買取される可能性があるので、確認するのが賢明です。

家庭用蓄電池テスラPowerwallを設置して「卒FIT」に備えよう!

当社は、日本に数社しかない家庭用蓄電池テスラPowerwallの認定販売施工会社です。
「卒FIT」に備えてテスラPowerwallを設置するのはいかがでしょうか?

ここでは、これまで実際にテスラPowerwallを設置された当社のお客様へインタビューした記事の一部をご紹介します。

●2019年9月の「卒FIT」に向けてテスラPowerwallを設置された幸田様

家庭用蓄電池「テスラパワーウォ―ル(Powerwall)」設置者様の声【幸田様】

●「卒FIT」と太陽光で発電した電気を有効活用するためにテスラPowerwallを設置された宮本様

家庭用蓄電池テスラパワーウォ―ル(Powerwall)設置者の声【宮本様】

 

当社では、2018年より卒FITを迎える方向けに、当社の会議室や市内の貸会議室などで「アフターFITセミナー」をおこなって参りました。

日々、卒FITを迎える方が増える中で、当社としてもお役に立てますと嬉しいです。何か不安なことやご不明点などございましたら、ぜひ一度お問い合わせください。

テスラパワーウォール_バナー

☞テスラPowerwallについて詳しくはコチラ!

テスラパワーウォール_お客様の声

☞設置者さまのインタビュー動画はコチラ!

☞ヨコハマのでんき公式HPはコチラ

ヨコハマのでんき

 お問い合わせ

関連記事

お問い合わせ

運営会社

太陽光発電の設計・施工で20年以上の実績。最近では再エネ率の高い電気と蓄電池を併せた提案も好評です。環境にいいこと・持続可能な地球・100年後の子供たちのために様々なソリューションで再エネ普及をしています。

詳しく見る