太陽光発電と合わせるなら?ポータブル蓄電池or定置型蓄電池

太陽光発電_蓄電池

蓄電池の種類:ポータブルと定置型

昨今、電気代の値上がりや停電対策として注目を浴びているものが、太陽光発電と蓄電池です。

家庭用の蓄電池ですと、テスラ社の「 Powerwall(パワーウォール)」のような決まった位置に固定する定置型の蓄電池を目にする機会が多いかと思います。

一方、ポータブル蓄電池と聞くと、今流行りのキャンプや車中泊などのアウトドアで利用されているイメージが強いのではないでしょうか。

現在、個人向けの蓄電池は大きくこの2パターンに分かれますが、定置型蓄電池とポータブル蓄電池ではどんな違いがあるのか、詳しく見ていきましょう!

テスラPowerwall_LP用

☞Powerwallをもっと詳しく!

ポータブル蓄電池と定置型蓄電池の違い

ポータブル蓄電池の一番の特徴は、用途に合わせて持ち運びが可能な点です。そのため、サイズ感もコンパクトな製品が多いです。
(近頃は、キャリーケースのような形で持ち運ぶことのできる製品も出てきています。)

また、利用用途にもよりますが、工事は基本的に不要です。加えて、価格も定置型に比べると安価なので、購入のハードルは定置型より低く導入しやすいと言えます。

その代わり、定置型蓄電池と比較すると蓄電容量は小さくなりますが、最近ではソーラーパネルからの充電ができるポータブル蓄電池も増えています。さらには、電気代の節約を目指すこともできるような“定置型蓄電池に近いポータブル蓄電池”も出てきている状況です。

そんなポータブル蓄電池と定置型蓄電池の比較を簡単な表にまとめてみました。

ポータブル蓄電池と定置型蓄電池の相違点表

上図の通り、それぞれのメリットやデメリットは大きく異なります。

「容量の大きな蓄電池がいい」「安く手に入るものがいい」という観点だけでなく、普段どのように運用したいか、停電時にどこまでの生活を確保したいかなどの観点からも、ご家庭に最適なのはどちらかをご検討いただけるといいかと思います。

ポータブル蓄電池のメリット

ポータブル蓄電池は、その持ち運び可能なサイズと便利性で、多くの場面で活躍しています。

家庭用蓄電池と比較して、導入コストが安い点から始まり、日常生活や非常時におけるメリットが多数存在します。

家庭用蓄電池と比較して導入コストが安い

ポータブル蓄電池の最大の魅力の一つは、家庭用蓄電池に比べて導入コストが格段に低いことです。

家庭用蓄電池システムは、大容量の電力を蓄えることができ、家全体の電力供給が可能ですが、その分、初期投資として数百万円単位の費用がかかることが一般的です。

一方、ポータブル蓄電池は数万円から購入可能であり、家計に大きな負担をかけずに電力のバックアップを手に入れることができます。

コンセント代わりになる

ポータブル蓄電池は、コンセントがない場所でも電源として利用できます。

これにより、家の中で移動しながら電子機器を使用したり、庭やバルコニーなど屋外で電気製品を利用したい場合にも便利です。

また、USBポートを備えているモデルが多く、スマートフォンやタブレットなどの充電に直接使用することができます。

停電時や緊急時に役立つ

自然災害や設備のトラブルによる停電時に、ポータブル蓄電池は非常に有用です。

ライトの電源として使ったり、スマートフォンを充電して情報収集や連絡手段を確保したりすることができます。

小型で持ち運びが容易なため、避難時にも持ち出しやすく、非常用電源としての価値が高いです。

アウトドアなど外出時に活躍

アウトドア活動やキャンプ、ピクニックなど、屋外でのレジャー活動時にもポータブル蓄電池は大活躍します。

屋外での電源確保が難しい場所でも、照明や音楽再生機器、カメラの充電などに使用できます。

また、車中泊や災害時の車内避難時にも、車のバッテリーに頼らずに電力を供給できるため安心です。

ポータブル蓄電池のデメリット

ポータブル蓄電池は、その携帯性と便利性で多くのシーンで活躍していますが、一方でいくつかのデメリットも存在します。

ここでは、ポータブル蓄電池の主なデメリットについて詳しく見ていきましょう。

容量が小さい

ポータブル蓄電池は、サイズが小さいため、家庭用蓄電池に比べて格段に容量が小さくなります。

そのため、長時間の使用や大きな電力を消費する電化製品の稼働には向きません。

特に、家庭での長時間の停電対策や、大容量を要する電化製品の使用には限界があります。

充電が切れると使えない

ポータブル蓄電池は、充電が切れると使用できなくなります。

そのため、定期的な充電が必要であり、長期間の使用や連続使用を想定した場合、予備の蓄電池を用意しておくなどの対策が必要になります。

また、停電などの緊急時に充電が切れていると、使用できないリスクがあります。

水濡れに弱い

多くのポータブル蓄電池には、防水機能が備わっていないため、水濡れに弱いというデメリットがあります。

屋外での使用や、水辺での活動時には特に注意が必要です。

水濡れによる故障は、製品の寿命を縮める原因にもなりえます。

定格出力によって使えない電化製品がある

ポータブル蓄電池の定格出力には限界があるため、出力が大きな電化製品を使用することができません。

例えば、ヘアドライヤーや電子レンジなどの高出力を要求される電化製品は、ポータブル蓄電池では対応できない場合が多いです。

使用する電化製品を選ぶ際には、蓄電池の定格出力を確認する必要があります。

中には低品質なものも

市場には多くのポータブル蓄電池が出回っていますが、中には低品質な製品も存在します。

低品質な蓄電池は、性能が不安定であったり、耐久性に欠けたりすることがあり、場合によっては安全性の問題も懸念されます。

購入時には、信頼できるメーカーの製品を選び、必要に応じてレビューなどを参考にすることが重要です。

ポータブル蓄電池の選び方

ポータブル蓄電池の選び方は、使用目的や必要性に応じて様々です。

ここでは、キャンプや車中泊、災害時の備えなど、様々なシーンでの使用を想定し、選択時のポイントを紹介します。

用途に合った容量の選び方

キャンプや車中泊では、スマートフォンの充電、ポータブル冷蔵庫、LEDライトなどを使うことが一般的です。

これらの用途では、500~700Whの容量を有する蓄電池が適しています。

災害時には、長期間の停電に備える必要があります。

ライトやスマートフォンの充電、小型の電気ヒーターや炊飯器などを使用する場合は、1000Wh以上の容量を持つ蓄電池が推奨されます。

PSEマークが付いている

日本で販売される電気製品は、安全基準に適合していることを示すPSEマーク(製品安全電気用品)の表示が必要です。

ポータブル蓄電池を選ぶ際には、PSEマークが付いている製品を選択することで、製品の安全性を確認することができます。

正弦波/純正弦波

ポータブル蓄電池のAC出力は、「正弦波」または「純正弦波」であることが重要です。

純正弦波出力を持つ蓄電池は、家庭で使用される電源と同様の電力を提供でき、精密機器や医療機器などにも安全に使用することができます。

AC出力ポートの周波数50/60Hz

日本国内では、地域によって電源の周波数が異なります(東日本は50Hz、西日本は60Hz)。

したがって、購入する蓄電池は、使用地域の周波数に対応しているか確認することが重要です。

多くの蓄電池は両方に対応していますが、事前に確認しておくことが望ましいです。

電力の使用効率

蓄電池の効率は、公称容量のうち実際に使用できる電力の割合で示されます。

公称値に対して80%以上の製品であれば、電力を無駄なく使用でき、経済的です。

蓄電池のスペックを確認し、電力使用効率が高い製品を選択することが重要です。

定格出力が使いたい電化製品の消費電力より大きい

ポータブル蓄電池を選ぶ際には、使用したい電化製品の消費電力を確認し、それを上回る定格出力を持つ蓄電池を選ぶことが重要です。

例えば、600Wの消費電力を持つ電化製品を使用する場合は、600W以上の出力が可能な蓄電池を選びましょう。

出力ポートの種類

ポータブル蓄電池には、ACポート、USBポート、DCポートなど、様々な出力ポートが備わっています。

使用する電化製品や目的に合わせて、必要なポートが備わっているかを確認しましょう。

特に、スマートフォンやタブレットなどの充電にはUSBポートが、家庭用電化製品の使用にはACポートが必要です。

ソーラーパネル充電・パススルー充電対応

ソーラーパネル充電対応の蓄電池は、災害時やアウトドアでの使用に非常に便利です。

太陽光だけで充電できるため、電源が確保できない環境でも電力を供給できます。

また、パススルー充電(同時入出力)対応のモデルなら、蓄電池自体を充電しながら他のデバイスを充電することができ、より柔軟な電力管理が可能になります。

長く使うならリン酸鉄リチウムイオン電池

蓄電池の中でもリン酸鉄リチウムイオン電池は、安全性が高く、バッテリーサイクル回数(充放電の繰り返し回数)が多いため、長期間にわたって使用することができます。

頻繁に使用する予定がある場合や、長期的な投資として蓄電池を購入する場合は、リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したモデルを選択すると良いでしょう。

LEDライト付きが便利

ポータブル蓄電池にLEDライトが付いていると、停電時や夜間のアウトドアでの使用に非常に便利です。

ライトとしての使用はもちろん、非常時の信号灯としても機能するため、安全性を高めることができます。

ポータブル蓄電池と太陽光発電と組み合わせるなら:EcoFlow製

ポータブル蓄電池もさまざまな種類がありますが、その中でも今注目されているのが「EcoFlow」のポータブル蓄電池です。

2017年に中国で設立されたEcoFlow社ですが、2019年にはEcoFlow Technology Japanとして日本でも販売がスタートしております。日本では、サッカー元日本代表の中田英寿氏がブランドアンバサダーとなっていることでも話題となりました。

EcoFlow社は、製品ラインナップがとても多いことが特徴の1つです。
以下は、2023年1月時点の製品一覧となります。

ポータブル蓄電池_EcoFlow製品一覧表

(出典:EcoFlow HP(https://jp.ecoflow.com/)より)

製品一覧を見てわかるように、ポータブル蓄電池のみではなく、折りたたみ式のソーラーパネルや停電時に建物内へ電力を供給するための「スマートホームパネル」と呼ばれる設備なども販売しています。
また、ポータブル蓄電池を複数台接続することで蓄電容量を増やすことができるなど、ポータブル蓄電池でありながらもシステムを構築することが可能です。

さまざまな運用が可能なEcoFlow製のポータブル蓄電池ならば、定置型蓄電池と同様の用途で利用することも、台数を増やすことで定置型蓄電池より多い蓄電容量にすることも可能となります。

ちなみに、蓄電容量は台数増やすことで最大25kwhまで上げることができます!

そのほか、ソーラーパネルと組み合わせることも可能です。クリーンな電力をポータブル蓄電池に蓄電しご自宅で使う「自家消費」をおこなうことで、電気代の節約にもつなげられます。
そして、ポータブル蓄電池自体の管理はEcoFlow専用アプリでおこなうことができますので、外出先でも状況の把握や操作が可能となります。

――――💡――――💡――――💡――――

いかがでしたでしょうか?

このように、ポータブル蓄電池の中でも最先端を走っているのがEcoFlow社。その製品の魅力をご紹介させていただきました。

EcoFlow製のポータブル蓄電池は、ポータブル蓄電池の一面を持ちながらも、定置型蓄電池にとても近い形で運用することが可能です!

それぞれのメリット/デメリットを鑑みて、ぜひご家庭に合った蓄電池を導入されてください。

☞もっと詳しくポータブル蓄電池を知りたい!

普段使いにも防災にも!おすすめポータブル電源|比較表も公開中

☞オール電化でもメリットが出る太陽光発電+蓄電池

オール電化でも!太陽光発電と蓄電池で電気代節約を実現

 お問い合わせ

関連記事

お問い合わせ

運営会社

詳しく見る