サクッと解説!電気料金明細の見方・読み方

電気料金明細、読んだことありますか?

こんにちは。二度目まして。すずきです。

突然ですが皆さま、電気料金明細を読んだことはありますでしょうか?いや、見たこと自体ありますでしょうか?

私はこの会社に入り、今の事業に携わるまで見向きもしませんでした。

「生活するために必要なお金だから払っているんだろう。じゃあまあ、見なくても問題ないよね。難しそうだし。」くらいに思っていました。

そんな見向きもされない電気料金明細ですが、詳しく見てみると意外と皆さまにとって重要なことが書いてあります。自分が何を払っているかを知らないって意外と恐ろしいですよね。世の中ブラックボックスだらけ…

ただ、理解しようにもやっぱり電気料金の仕組みって難しい。
なので、今回は噛み砕いてわかりやすくお伝えできればと思います。

電気料金明細、正式には「検針票」と呼ばれるものなのですが、今回は「電気料金明細」と呼んでいきます。わかりやすく。

もし手元にあれば見てみてください。それと一緒に今回の記事を読んでいただけると幸いです。

電気料金の内訳を細かく見てみた

それでは早速見ていきましょう。今回は一般的な従量電灯Bというプランで見ていきます。

これは当社の「ヨコハマのでんき」HPに載っているものです。

①~⑤の項目がお客様の電力契約の情報になります。

この辺りはただの情報になります。今回見ていきたい箇所は青枠の部分になります。

【請求予定金額】

当然ですが、請求金額が載っています。これが実際に皆さまのお財布から出ていく金額になります。では、この金額はどう算出されているのでしょうか。
その計算式がこちら。

電気代=基本料金+従量料金+燃料費調整+再エネ発電賦課金(+その他割引など)

…?

本当に何も知らない人は「従量料金」以降について「?」なのではないでしょうか。
私も初めは「従量料金って何?」と思っていました。
もう少し深掘りしてみましょう。

【基本料金】

電気を契約している場合、基本的に皆等しく発生する料金です。
金額の決定には「ブレーカーの容量(契約容量)」が関係します。

東京電力様の従量電灯Bの場合は、契約容量10A(アンペア)毎に286円が発生します。なので、30Aで858円、60Aで1,716円という計算です。

一部例外があるのですが、契約している限りこの金額がまず確定で発生します。

【電力量料金/従量料金】

「電力量料金」は、「従量料金」と呼んだりもします。
「従量料金」、正直聞き慣れない言葉ですよね。でも漢字を分解してみてください。「量」に「従う」。つまり、使った分だけかかる料金のことです。電気はkWhという単位を用いて量を計測するのですが、1kWh毎に料金がかかっていきます。

さて、この料金には厄介な点があります。多くのプランでは、電気を使っていくと1kWh辺りの単価が上がっていくという点です。

多くの場合、この従量料金には段階が3つほど設定されており、使用量が多いほど単価が上がっていきます。

例えば、下記のようになっています。

具体的に数字を当てはめてみましょう。
使用量が「350kWh」の場合は下記のようになります。

電力量料金=120×19.88+180×26.48+(350-300)×30.57=8,680.5

350kWhは120kWh、180kWh、50kWhに分解され、それぞれの段階の単価が掛け合わされて計算されます。

一度理解してしまえば簡単ですね。

【燃料費調整】

この金額と次に紹介する「再エネ賦課金」は、厳密には「電気代」ではありません。
この燃料費調整、略して燃調費は、発電に必要な燃料価格の変動に応じて自動的に電気料金を調整するものです。

イメージとしては、ガソリン価格の変動と考えてもらえればわかりやすいと思います。

原油・石炭・LNGの価格が反映され、安く調達できれば皆さまの電気代も安くなり、高くなった場合は上乗せされます。

この燃調費は、世界の情勢が反映されていると言っても過言ではありません。

よくわからないですね。

2020年12月現在では、かなりマイナス方向に進んでいます。なぜでしょうか。

現在、最も情勢に影響を与えているもの。「新型コロナウイルス」ですね。
このコロナウイルスの影響により、世の中は経済活動の自粛を余儀なくされ、大型施設が稼働を停止したりしています。

活動を停止するとエネルギーが必要なくなります。すると原材料も不要になっていきます。そのため、供給過多のような状況になっているのです。

と、いうように情勢を反映している費用になりますので、この費用を追うのはある意味面白いのかもしれません。

【再エネ発電賦課金】

略して賦課金。YouTuberではありません。

一体これは何?
わかる、そのきもちわかります。
ひとことで言うと皆さまが再生可能エネルギー普及のために貢献している金額です。

2012年、国が再エネ普及のために太陽光発電や風力発電などで作られた電気は高く買い取りますという制度を開始しました。これを固定価格買取制度(FIT制度)といいます。

では問題です。その再エネを買い取るためのお金はどこから出ているものでしょうか?

そう、それが再エネ賦課金です。
2020年度は1kWh×2.98円が皆さまより支払われています。

電力契約、見直してみませんか?

さて内訳がわかったところで、どうするのか。
自分たちの支払う電気代を安くしたいですよね。

この記事で解説した通り、自分たちで変えられるものは「契約容量」か「使用量」なのでこれを下げる方法がひとつ。

ただ、正直容量変更は手続きが面倒ですし、使用量なんて生活水準を落とさないと中々下げられません。

じゃあ、単価の方を変えてしまいましょう!

ここでちょっと耳寄りなお話。当社でも「ヨコハマのでんき」と言う名前で電気を販売しています。
料金設定は従量料金単価を東京電力様の単価より安くしています。(おうちプラン:従量B相当)ほぼ確実に安くなると言っても過言ではありません。私も切り替えています。

ところで今、手元に明細があると思います。私、最初に「用意してお読みください」とお願いしましたもんね??

その明細を使って、下記URLから当社のサービス「ヨコハマのでんき」でどのくらい電気代が安くなるかシミュレーションだけでもしていきませんか?

1分で済みますので!この機会にぜひお試しください!

【料金シミュレーション】はコチラ

【お申し込み】はコチラ

【ヨコハマのでんきTwitterもやっています!】

 

 

 

 

関連記事

お問い合わせ

運営会社

太陽光発電の設計・施工で20年以上の実績。最近では再エネ率の高い電気と蓄電池を併せた提案も好評です。環境にいいこと・持続可能な地球・100年後の子供たちのために様々なソリューションで再エネ普及をしています。

詳しく見る