【自由研究にも!】SDGs目標12「つくる責任つかう責任」とアップサイクル

SDGs目標12と「アップサイクル」とは?

皆さま、こんにちは!ワタナベです。

さて、お子さまがいるご家庭は、もう夏休みの自由研究は終わっているでしょうか?
「まだ終わっていない」というご家庭に、今回ぜひオススメしたいのが「アップサイクル」です。

まずは、SDGsについて知ってみましょう。

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、国連加盟国193ヵ国が目指すべき国際目標です。これには、2030年までの達成を目指し、大きく17つの目標が掲げられています。
☞「SDGs」について詳しくはコチラ

今回の目標12「つくる責任つかう責任」は、この17つの目標の中のひとつとなります。また、目標には細かくさまざまなターゲットが定められており、目標12には11個のターゲットがあります。

<目標12のターゲット例>
12.5:2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

つまり目標12では、モノをつくる側もつかう側もムダをなくして、環境に配慮していきましょう!といったことが求められています。

「アップサイクル」という新しい考え方

SDGs目標12「つくる責任つかう責任」を達成するために、ご家庭でもできる実践方法のひとつが「アップサイクル」という方法です。

<アップサイクルと関連用語>
・アップサイクル
不要となったものの素材や特徴をそのまま活かして、新しく別のものに生まれ変わらせることで、価値を高める方法
例)履かなくなったジーンズ⇒デニムバッグに作り変える
・ダウンサイクル
アップサイクルの逆で生まれ変わらせた結果、素材の価値が下がる方法(※再利用という意味で間違いではない)
例)使い古したフェイスタオル⇒雑巾に作り変える
・リサイクル
不要となったものを分解して、元々の資源の状態に戻してから新しく別のものに作り変える方法
例)牛乳パック(紙)⇒トイレットペーパーに作り変えるなど

ジーンズ_再利用

アップサイクルのイメージは持てましたでしょうか?リユースリメイクとも似ていますが、これらは“別のものに作り変える”という意味は含まないので少し異なります。

それでは、アップサイクルの実践方法をいくつかご紹介したいと思います。
環境問題について考えながらご家庭で簡単にできるので、まだ自由研究が終わっていない場合などはぜひチャレンジしてみてください!

【夏休みの自由研究にも】やってみよう!アップサイクル

使い勝手がいい!ジーンズ(デニム)

履けなくなった、履かなくなったジーンズはどのご家庭にもあることが多いのではないでしょうか。
そんなジーンズは、生地も分厚く丈夫なので、さまざまなアイテムにアップサイクルするのに打ってつけです!

例えば、ポーチやバッグ、小物入れやペンケース、エプロン、ティッシュケースなど。
複数のジーンズやデニムを組み合わせるとよりオシャレになりそうですね。
☞ミシンを使って簡単にティッシュケースを作る方法

バリエーション豊富!紙袋

私もつい取っておいてしまうことが多いのですが、カフェやショップの紙袋ってかわいくてオシャレなものが多いですよね。
袋のデザインを上手く活かしながらアップサイクルできれば、ちょっとしたブランドアイテムになるので、特にすきなブランドがある方にはオススメです。

例えば、カードケースやお財布、ファイルボックス、ポーチなど。
本格派の方は、ラミネート加工すると撥水もできてより長持ち!
☞切って折って貼るだけ!紙袋からカードケースを作る方法

家庭によくあるペットボトル

マイボトル化が進んでいますが、ご家庭ではペットボトルゴミが出ることはあるかと思います。
ペットボトルも意外と使いようがさまざまある便利アイテムです。ただ捨てるのではなく、ぜひアップサイクルしてみてください。

例えば、園芸用のプランターやランプ、スポンジやせっけん置きなど。
災害時の対策として、色んな防災グッズを作っておくのもいいですね。
☞カインズ公式!オシャレなペットボトルライトを作る方法

アップサイクルを楽しみながら環境について考えよう

いかがでしたか?
ほかにも、お子さまでもチャレンジできるようなアップサイクルは色々あるので、ぜひ探してみてくださいね。

空きカン_再利用

コロナがまん延して、世界の環境問題はしばらくスポットが当たらなくなっていましたが、最近はまたニュースでも目にするようになってきました。

先日、国連のIPCC(気候変動に関する政府間パネル)という団体は、地球温暖化に関する報告書を8年ぶりに公表しました。

2015年に採択された国際的な枠組み「パリ協定」では、世界の平均気温の上昇を産業革命前に比べ1.5度に抑えるよう努力することなどが目標に掲げられていましたが、今回の報告書では、去年(2020年)までの10年間で、世界の平均気温はすでに1.09度上昇したそうです。

☞世界の平均気温上昇と環境への影響は?詳しくはコチラ

SDGs目標13「気候変動に具体的な対策を」って?【世界のリアルな今】

モノをつくる工程にも、廃棄する工程にも、実は大きなエネルギーを消費します。このエネルギー消費を少しでも減らしていくことが、地球温暖化対策へのひとつのヒントです。

皆さまもこの機会にぜひ、環境にいいサステナブルな暮らしへのアイディアを実践してみてくださいね!

関連記事

お問い合わせ

運営会社

太陽光発電の設計・施工で20年以上の実績。最近では再エネ率の高い電気と蓄電池を併せた提案も好評です。環境にいいこと・持続可能な地球・100年後の子供たちのために様々なソリューションで再エネ普及をしています。

詳しく見る