エシカルとは?~サステナブルとの違いやエシカルグッズをご紹介~

マスキングテープ

SDGs目標にもつながる「エシカル」とは?

エシカル」という言葉をご存じでしょうか?最近では、耳にする機会が多くなったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、エシカルという言葉自体は新しいものではありません。
ですが今、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて世界中でさまざまな取組みがおこなわれている中で、「エシカル消費」という消費行動が重要視されるようになってきています。

そんなエシカルとは一体何なのか?
この機会に一緒に学んでいきましょう。

エシカル(ethical):直訳すると「倫理的な」という意味になります。
「倫理」とは人として守り、行うべき道を指します。もう少しかみ砕いた言い方をすると、法律で定められていなくとも、“こうすべき、こうあるべき”と良識的な判断をして行動することです。

いかがでしょうか?
まだイメージがわかないという方もいると思うので、わたしたちの消費行動に当てはめて考えると、例えば次のような行動が「エシカル消費」となります。

・環境に配慮された素材で作られた製品を選択する(環境に配慮した消費)
・フェアトレード商品を選択する(社会・世界情勢に配慮した消費)
・地産地消の商品を選択する(地域に配慮した消費)

こうしたエシカルな消費行動は、色んなSDGs目標に該当しますが、最も関係するのは目標12「つくる責任、つかう責任」だと思われます。ただ安いからだけではなく、どこでどんな風に作られたのかまでを考えて、一人ひとりが買うものを選択していけるといいですね。

「エシカル」と「サステナブル」の違いとはなにか?

エシカル

以前、サステナブルについての記事(こちら☞)を掲載しましたが、エシカルという言葉を学ぶと疑問に出てくるのが、「サステナブル」との違いです。

「エシカル」と「サステナブル」、2つの違いは何でしょうか?

サステナブルとは“地球環境を保全しつつ、持続可能な暮らしをしていくための行動や意識”です。

エシカルが“環境、社会、人にとってよいと思われる行動”という、その行動が倫理的かどうかに焦点を当てているのに対し、サステナブルは“地球環境の持続性に配慮した行動”という、地球環境が持続可能かどうかに焦点を当てているという点で、2つの言葉は意味が異なります。

とはいえ、意味は異なるものの行動の面からみると、エシカルとサステナブルは併存していることが多いです。

例として、“太陽光発電のような再生可能エネルギーを使用すること”で見てみましょう。
この場合、環境に配慮したクリーンなエネルギーを使用しているという意味ではエシカルで、有限な資源である化石燃料ではなく持続可能なエネルギーであるという意味ではサステナブルであると言えるでしょう。

エシカル・サステナブルの観点の違い

少しややこしく感じると思いますが、エシカルな行動が結果的にサステナブルにつながっていたり、サステナブルな行動はエシカルである場合があるということですね。
この2つの考え方は、切っても切れない関係にあると言えます。

エシカルは身近に!わたしが愛用するエシカルアイテム

まずは難しく考えずに、人や社会、環境によいと思う行動を行ってみるといいと思います。
そこで今回は、今わたしが愛用しているエシカルなアイテムを一例としてご紹介します!

バナナペーパー商品

▲バナナペーパーで作られたマスキングテープ

▲バナナペーパーで作られたマスキングテープ。

バナナペーパーとは、バナナの茎を再利用して作られた紙のことです。このマスキングテープは、ザンビアにあるバナナ農家のバナナの茎を使用しています。

バナナは収穫時に、次の果実が育つように古い茎を切る必要があります。通常、切った古い茎は廃棄されるのですが、これをバナナ繊維として加工し、紙にしています。

今まで廃棄物だったバナナの茎が貴重な収入源のひとつになり、貧困層であるバナナ農家の生活を助けることにつながっています。

フェアトレード商品

▲フェアトレード商品のメッセージカード

▲フェアトレード商品のメッセージカード。

バングラデシュで作られているフェアトレード商品です。

ジュートなどの天然繊維から、バングラデシュの伝統技術を活かした手漉きで作られたカードです。ハンドメイド感あふれる紙の色やシンプルなイラストがお気に入りです。

環境に配慮した商品

コーヒー豆の麻袋を再利用した食器洗い用クロス

▲コーヒー豆の麻袋を再利用した食器洗い用クロス。

ナイロンやポリエステルから作られた通常のスポンジとはことなり、麻袋でできているので海を汚すマイクロプラスチックなどの有害物質を出すことはありません。

しかも、使い古したあとは庭やプランターに埋めれば土に還ります。

生地がしっかりしているので食器洗いだけでなく、コンロ周りの掃除にも重宝します。繰り返し洗って使用できるので、清潔かつとても経済的です。

――――🌼―――🌼―――🌼――――

「エシカル消費」、いかがでしたでしょうか?

言葉が聞き慣れないので新しいもののように感じてしまうかもしれませんが、すでに普段から人や環境などのことを考えて、買うものや使うものを選択している方は多いと思います。

エシカルなものを選ぶということは、今世界的にも求められ、今後主流となっていきます。

今まで当たり前にコンビニでも買っていたものについても、これはエシカルなのか?という観点で疑問を持ち、改めて選択する機会につながれば嬉しいです。

ぜひ実践してみてください!

 お問い合わせ

☞固形石鹸を手作りする!シャンプーバーの作り方

脱プラスチック!髪にも環境にも優しいシャンプーバーの作り方

☞蜜蝋で自然派なリップクリームやハンドクリームを簡単に作ろう

材料3つで簡単!蜜蝋(みつろう)の使い方~リップ&ハンドクリームを作ろう~

関連記事

お問い合わせ

運営会社

太陽光発電の設計・施工で20年以上の実績。最近では再エネ率の高い電気と蓄電池を併せた提案も好評です。環境にいいこと・持続可能な地球・100年後の子供たちのために様々なソリューションで再エネ普及をしています。

詳しく見る